非常に興味深い。

「乱暴と待機」

「幸せ最高ありがとうマジで!」

本屋にいくたび目に付くタイトル。

「乱暴と待機」なんかは帯に書かれてる設定に

よくもまぁこんなこと思いつくもんだな、なんて思ったりも。

今日やっと

それらの作品の著者が一緒ということ。

その人が劇作家だったり演出家だったり役者だったりすること。

劇団主宰者でもあること。

を、知りました。笑

本谷有希子。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を読んでますが

描写が細かい。表情の説明が的確すぎてすごい。

すごい新鮮な小説に感じました。

内容も自分にしては斬新な人間関係。

くらめですけど、おもしろい。

映画監督の西川美和の作品と似たような暗い感じ。

舞台のほうはDVDもでてるし。

追ってみようかしら。

あの文章で表された表情をどうやってるのか、非常に興味がわく。

・・・・

いい夏休みになりそうです。笑
[PR]
by midsummercarol | 2009-07-03 22:03 | 日常?

「劇団うてな」という社会人劇団で「カレーの王子様」という称号を得た者のブログ


by midsummercarol