<   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

おい電卓!!

テストで電卓を使おうと思ったら最初に表示された「0」がだんだん薄れていき・・・
電源がつかなくなっちゃって。
あれれれ。
電卓が使い物にならんと判断して、漫画みたいな運の悪い展開にしゅんってなりつつ、
ちまちまちまちまと手計算したというに。
今さっき電池ケースあけたら電源ついてぴんぴんしやがって。
幸い、ダメージは少なかったからいいけどさぁ・・・。
電池換えてあげるから、期末ではストライキおこさんでくれよぉ・・・?

こんな感じですけど、無事中間試験終了です。
今日からまた自分のやりたい勉強すっぜ。
掃除もしちゃったりしたらそのときは、自分を褒めたい。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-30 17:22 | 日常?

次から次へと

シリーズ、今日の大学。
本日は・・・プレゼン資料の大詰め からの 発表。
以上。

やっと資料作成から解放されました。
やっぱり発表されてないものがあるといろいろ練り続けようとするから忘れられないというかね。
ちょっと疲れたよ。笑
でも久々の資料作成と発表、いい刺激になりました。
訛ってたスキルを復活させれたかな、と。
指摘をもらった先輩には「イイネ!」をいただきましたし。笑
次は、明日の中間試験と、実験レポート。

気づいたら今週の日曜日は「鋼鉄番長」観劇日。
もう今週でっせ。
なんの課題も残ってない状態で観たい。
頑張ろうっと。
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-29 16:44 | 大学
実家で寝坊。
慌ててカレーを食べて、
散髪して、
高校生のころの庭を散策
芝居を観て
秋吉の焼き鳥食べて
和歌山に向かっております。

動き回って楽しんで、いい休日でござんした。

そういえば本屋で漫画の「よつばと!」の10巻見つけちゃって即買いしちゃいました。
まだ先だと思ったから喜んじまって。
あと帰り梅田駅では漫画の「3月のライオン」のキャンペーンポスター見れちゃったりして。
なんだかついてる日でしたね。
・・・日頃の行いって大切なんですよね、やっぱり。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-28 22:52

マイコー

MJを聴きながら稽古場に向かっております。

食事中観ていた水曜どうでしょうで若き大泉洋がモノマネしていて、まーくだらんくて大笑いしてたんですが。
くだらんままじゃね?と本物聴きたくなったのでCDひっぱりだして、フゥー!って感じです。
「THIS IS IT」を観たのが今年の1月だったかな?
懐かしいような、つい最近のような。

最近梅田のシアターいけとらんなぁ....課題の山超えたら何か観に行こうかなぁ。
ガーデンシネマとかシネリーブルがあるスカイビル周辺、空の開放感と雰囲気が違って好きなんです。
ホットコーヒー飲みつつのんびりしたい感じ。
・・・なまら寒いんだろうけどね・・・笑

さー稽古前に寝るぜー。
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-27 11:13

学生日記・・・?

朝から晩まで大学でした。
資料の印刷
講義
昼飯、レポート提出
ガイダンス
実験

書いてみたら以外と楽そうだな。笑
5連休明けだったから少し怠けてんだね、体が。
いかんいかん。

でも課題とかいろいろして寝て
今日朝起きたら部屋が資料の海と貸してて、頭がまだ何か考えれる状態にある。
ちょっといい気分になりました。ドリトルみてーだな、と。笑
ドリトルみたいにもっともぐれたらなー。
んー・・・もぐるだけの材料さがしからか。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-26 20:16 | 大学

久々のほんたにさん

みなさまに喜んでいただくキャスティングを考えすぎて8月になりました。
だって。
本谷有希子の新作の主演に長澤まさみに決まったそうで。
初舞台が本谷有希子の作品の長澤まさみ。
純粋派があの、昼ドラさえ軽く超える世界へ。
どーすんだろぉ・・・・笑
観てみたいような、結局観ないようなぁ・・・

本谷有希子って小説家って肩書きをもってるから戯曲であっても
本屋ですごい見つかりやすいんですよね。
仕入れ数も多い気がするし。
それもあって一時期ずいぶんと読み漁った覚えがあります。
で、15回公演を観て、新作の小説を読んでブームに幕を閉じたんだっけかなぁ。

久々にもう一回読んだら何か違うのかなぁ。読んでみようかしら。
ちなみに、ほんたにさんじゃのぉーて、もとや ゆきこさんですからね。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-25 16:38 | 日常?

1年分人と会った。

5連休終わりまして。
大学行ってきましたよ、ちゃんと。笑

大学行ったらね、水泳部の方々とどんどん会いまして。
変わらず接してくれてありがたいこってす本当に。
それにしたって8人ですよ。
どえりゃぁ人がいる中、8人の人にものの数分で会うもの。
たまぁにこういうことありますよね。
「白いなぁ」とか「痩せたなぁ」って結構言われてしまいました。
ダイエットうんぬんかんぬん。
油断しちまいそうです。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-24 20:15 | 日常?

よ!くさや!

「大江戸りびんぐでっど」のつづき。
感想なんかをネット上であさって他所様の意見を数件みさせてもらいました。
厳しい言葉が多いこと多いこと。笑

僕はやっぱり「舞台」として観ていたんだなって思わされました。
そういう目しか持ってなかったのですが・・・^^;
舞台では台詞1つにしたってその空間で発せられてその空間で終わる、
外部には漏れないからある程度は問題があっても良いっていう感覚が自然とあったのですが。
歌舞伎はそうはいかんのだな、と。
民衆とかなり近い位置で、生活の一部として本当に長い間やってきたものだから
歌舞伎と言いはる以上、観客の生活の一部だし、舞台と比べるとはるかに観客と密接。
台詞1つにしたって外部に漏れるし、
実際かっこいい台詞は民衆がまねしたり例えなんかに使ったりする・・・場面だったりをドラマとかで観ますから?(笑)昔から、溶け込みようはんぱないですよね。きっと。
だから創る側は観る側のことを、観る側の現状を本当に、考えて思いやって創っていかないといけないもの。創ってこられたものなんだなぁ、と。

観客はちゃんと応えてくれてるんです。
映像ながらに舞台との雰囲気の違いを感じてて。
聞こえてくる観客の声が
笑い声っていうより、人が喜ぶ声というと腑に落ちる。
大物歌舞伎役者を、心から応援しながら観てる感じ。いい演技に喜んで拍手をしている感じ。
小屋全体がそれこそ生きてるような雰囲気を観てて感じました。
観客が作りだしてくれている。
それにつられて腹から笑ったのだろうし。
舞台観てる最中とは明らかにり違う。・・・面白いねぇ、ほんと。

ありえないけど「大江戸りびんぐでっど」を舞台として、
舞台でよく使われる小屋でやってたら評価がどうなってたのか、見てみたいです。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-23 21:48 | 日常?

くさや!くさや!

宮藤勘九郎が書いた歌舞伎。
「大江りびんぐでっど」をシネマ歌舞伎で、暇人P子を連れて観てきました。
あ、今日は大学休みなのでご心配なく。笑

当然ですが(笑)歌舞伎のルールや歌舞伎っぽさは含まれてました、誰でも分かる範囲のことなので、深いところはわかりませんが。
でも宮藤勘九郎が書いてますから、最初からかなり笑いました。つい大声だして。
考えたら座席で大暴れして笑っていたかもしれない・・・
歌舞伎ってイメージを使ったずるい脚本。しょうもねーし。笑
歌舞伎が元ネタのものから今時の笑までいっぱいつまっていて。
それを歌舞伎役者がどれも難なくやる。
すごい安心して楽しんで観れました。
本当に腹の底から笑いましたね、歌舞伎役者、惚れそうなほどカッコいいし。笑
立ち振る舞いや台詞の言い方どれもがもう、、、ね。よかった。
その代わり終わりがなんかあっさりというか、ほったらかしな部分が多いように思えたのは歌舞伎と舞台の違いからなのか。
歌舞伎役者の良さは十分すぎるくらい観れた。勉強になった。
でも日本人としてもう少し、知識がねぇとだめなんじゃねぇのかい、お前さんよ。
と思わされた映像作品でした。
帰りはジュンク堂行って戯曲やら漫画やらでだらだらと。
というか戯曲いっぱいあってわくわくがとまりませんでしたが
・・・P子を巻き込んだままだったので(笑)
暇人とはいえ、すまんかった。笑
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-22 23:01 | 日常?

補完補完。

鍋の写真だけってねぇー。笑
べらぼーにうまいキムチ鍋を
次回公演照明を担当していただく創さんの家でいただきまして。
創さんの家、すごく興味深かったです。いろんな意味で。笑
非常に楽しい時間を過ごして、実家に帰宅。

帰宅後は毎週恒例のドラマチェック。
SPECはもう本当に面白すぎてどうしようもないです。
そして最近Q10の台詞がしみます。シチュエーションで泣けます。笑

そのあと舞台「男子・天才バカボン」を観て
頭がバカで一杯になったので、寝ました。笑
昨日は一日中ずっとバカを頭にため続けた気がします。
[PR]
by midsummercarol | 2010-11-21 15:56 | 日常?

「劇団うてな」という社会人劇団で「カレーの王子様」という称号を得た者のブログ


by midsummercarol